The 59th Annual Autumn Meeting of the Japanese Society of Clinical Cytology

第59回日本臨床細胞学会秋期大会

現地開催
2020年11月21日(土)・22日(日)
WEB開催
2020年12月11日(金)~12月27日(日)
会場
パシフィコ横浜 ノース
パシフィコ横浜 ノース

会長挨拶

細胞診の真価と進化

Photo

第59回日本臨床細胞学会秋期大会
会長 伊藤 仁
(東海大学医学部付属病院 診療技術部次長/病理検査技術科長)

めまぐるしく変化するコロナ禍の社会状況において、慎重に検討を重ねた結果、第59回日本臨床細胞学会秋期大会は、現地開催(横浜みなとみらい国際コンベンションセンター:通称パシフィコ横浜ノース、11月21日~22日)およびWeb開催(12月11日~27日オンデマンド配信)とすることになりました。開催形式の変更および決定が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

さて、11月21日~22日、パシフィコ横浜ノースでの現地開催について、お越しになれない演者や座長、さらに想定外のことも多く起こると思いますが、まずは現地開催を行い、その後のWeb開催へと繋げたいと考えております。具体的には、可能な限りのコロナ対策を施し、通常どおり行い、講演、シンポジウム、細胞診学び直しプログラムをビデオ収録し、一般演題のデータ(音声無)とともにWeb開催で配信いたします。Web開催においてもすべての学会プログラムを視聴することが可能であり、現地に参加できない会員の皆様方にもビデオで学会の雰囲気をお届けし、少しでも学会の空気を感じていただければ幸いと存じます。また、現地開催では、一部の国際プログラムにおいて、リモート技術を導入したディカッションを計画しております。今回のハイブリッド方式の学会は日本臨床細胞学会としても初めての試みであり、今後の学会のあり方を問う試金石となるよう取り組んでまいります。

1週間単位で世の中の状況が変化し、この先も全く読めない状況でございます。会員の皆様方におかれましては、ご負担をおかけすることもあろうかと思いますが、何卒ご理解賜りますようようお願い申し上げます。第59回日本臨床細胞学会秋期大会が盛会となるようスタッフ一同全力を尽くしてまいりますので、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。

Return Top